夢や目標をもって積極的に生きる

積極的に泳ぐ姿 ブログ

こんにちはカズです。

今日は夢と希望を持つことについて書きたいと思います。

失われた20年と言われますが、頑張ってもダメではないかとか、そういう時代ではないのではないか等そんな雰囲気が少なからずないでしょうか。

ここでは夢や希望を持つことの大切さや不安やデメリット、またどうしたら継続できるのかを今までの経験を振り返り書きたいと思います。

この記事が少しでも夢や希望を持つ方に参考になれば幸いです。

 

コロナ感染症と夢や目標

ここ2、3年特にこれといった目標もなく生活していました。

社会に出て何十年もずっと営業の仕事をしてきました。大学を出てからその間は自分で言うのもなんですが結構一生懸命に仕事をしてきたつもりです。納得できる結果が出せたかどうかは別としてですけど(笑)

ですから新人類と呼ばれていた世代としては、それなりに目標をもって生活していたほうだと思いますが、ここ何年間かはその反動だったのかやる気のない様な状態でした。いわゆる燃え尽き症候群と呼ばれる状態だったかもしれません。

ただ事態が一変しました。外部環境はコロナ感染症という100年に一度の危機的状況です。通常出勤からテレワークになり時間ができて精神的に余裕ができ、これからの人生を考えられるようになったのです。

 

その夢は叶うんだろかという不安

そんな社会的に危機的状況の時に不謹慎かもしれませんが、時間が出来て心身を休ませることができたので、また本来の姿に戻ったのか夢や目標のことを考えられるようになれたのです。大変に喜ばしいことでしたが、それと同時「その夢は本当に叶うんだろうか」という不安にも駆られたのでした。

 

目先の目標がやっぱり大切?

過去を振り返るとがんばった割に結果があまり伴ってないのと、結果が伴ってないのはまだ良いのですが、目標が大きかったのか成果として実感できないので、なかなか達成感や喜びを味わえなく苦しさや不安が目立つようになっていたのです。

人にもよると思いますが精神的にも継続性の意味でも、目先の小さい目標を意識したほうが良いのではないでしょうか。もちろん大きい目標を持つことが悪いわけではありませんが普段はあまり考え過ぎないほうが良いと思います。

 

まとめ  夢や目標があると人生は楽しい

一時は夢や目標を持たずに過ごした日々もありましたが、環境の変化でまた持つことができました。比較するとやっぱり夢や希望を持つほうが日々の生活にハリができ、集中する時間も長くなり気も散りにくくなるので良いと思います。

あとはその持ち方を以前とは少し変えて、なるべく気分よく継続できるように工夫することが大切だと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました