高すぎる目標は現状を不満にする

高跳びする女性 ブログ

こんにちはカズです。

今回は高すぎる目標の欠点についての書きたいと思います。

この社会で生活していると目標設定し成長することが重要なことだと教わります。ただそれが高すぎると弊害もあると思います。生活に不安や不満が多くなり幸せ感が味わえなくなることがあるからです。それは何故なのでしょうか。どうすればいいのでしょうか。

なぜ高い目標設定が現状を不満にするのか

日々目標に向かって生活していると気づいたらいつの間にか、目標と今の自分に落差があり落胆することはないでしょうか。いつになったら達成できるのだろうかと不安になり、それが日常的になると現状が不満になり自分を傷つけたりします。日々の成長が感じられないからかもしれません。

なぜ目標設定をする習慣がつくのか

私たちは特に学校教育を通じて勉強でも運動でも少なからず目標を設定する習慣を身につけます。目標設定自体悪いことではなく、かえって必要なことです。

ただ欲と似ていて最初はそれほど高くなかったのに、いつの間にか必要以上の身の丈に合わないものになっていたり、なかにはそれを達成するためには手段を選ばないといった衝動的なものになってしまう場合もあるようです。後者は自分ばかりでなく他人にも迷惑をかけますので要注意です。

物質的なものより精神的なもの?

昭和の高度成長期は戦後の物不足もあり、物質的に豊かになろうと国民全体が同じベクトルに向かっていました。三種の神器などの表現はその時代の象徴ですよね。

しかし時代は平成を経て令和に入り、衣食住は既に充足し私たちに生活はある程度満たされています。もちろんまだまだ成長の余地はありますがGDPをみれば明らかだと思います。資本主義経済の宿命である右肩上がりの成長は全体的には限界となっています。

それに対して心の豊かさを追求することは無限の可能性があり、もうすでにそこにシフトしている人も多いと思います。

足るを知る者は富む

現状に満足し感謝して生活していれば不安や不満は少なくなります。それを基礎に少しづつ目標を達成して行けば自分も他人も傷つけないし、かえって長期的には大きい目標も達成し易くなるのではないでしょうか。

まとめ

「足るを知る者は富む」とは老子の言葉です。

目標を持つことは必要なことです。ただ気をつけないと身の丈に合わなかったり目的と手段をはき違えたりします。その結果本末転倒になることも多くなります。

老子の言葉をベースにに階段を一段一段のぼっていくのが結局のところ早道で安全なのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました