近ごろの関心ごと

ブログ

皆さまお元気でしょうか。

本当に今年の夏は色々なことがありました。社会で起こることも、また個人的にも激動でした。

皆さまはいかがだったでしょうか。

また、8月23日に二十四節気の処暑を過ぎたのに、まだまだ昼間の照りつける日差しの強さにびっくりしてます。

1カ月間ほどテレワークをしているので自宅にいることが多く、外の暑さのことを正直忘れていました。

そして、今週からは台風に伴って雨が増えそうです。天気がめまぐるしく変化しますが、体調管理には十分留意してください。

さて、最近関心をもったことは、2チャンネルの創業者のひろゆきさんが「全額NISAに突っ込め」と言ったネット記事です。

色々な意味でこの記事は反響があったみたいです。

最近は「老後資金2000万円」といった話や岸田内閣の新しい資本主義政策の中の「資産所得倍増計画」など、これからの投資の必要性や、いかに投資に振り向けるかの勧誘などの、有名人をつかった広告を目にします。

今日、たまたまある地方銀行にいったのでモニターを見ていたら、定期預金金利が長期もので0.002%と表示されていて、先ほどのひろゆきさんのNISAのことが思い浮かび、もう少し金利がつきそうなので普通はNISAなどをつかって、投資信託やETF、REITにお金が向かうのだろうなと思って見ていました。

NISAや積立NISA、iDeCoを利用している人はまだまだ少なく、NISA講座を持っている人は約17%(2021年12月末時点)です。そして持っていても約半分の人が口座を作っただけみたいです。

政府はそれらへの投資を増やそうと、条件緩和や運用利益の非課税期間の延長等を検討していますので、今後この制度を利用して投資をする人が増えると思われます。

私もファイナンシャルプランナーとして後々、NISAなどの詳細に触れていこうと考えています。

ただ、先日のジャクソンホール会議後のアメリカの株価暴落もあり、時期的にはいかがなものかとも思いますが、今後はこの手の投資の話題がますます増えそうですので関心と注意をもって見ていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました