お酒を自制して得られるもの

健康的な家族 ブログ

こんにちはカズです。

今回はお酒を自制する意味を考えてみました。

以前から自制したいと思ってましたが、なかなか出来てない状況の中

評論家の勝間和代さんのユーチューブ 「お酒を1滴も飲まずに10年経って得られた5つのこと」  https://youtu.be/YBtFw5HQnKU

を見て、自制して得られるもの(勝間さんの動画はお酒を断ったものですが)を再確認することが出来ました。

それを参考に自分なりに自制することのよって得られるものを考えてみました。

人生の時間が増えやりたいことが出来るようになった

お酒をたくさん飲んで帰ると服を脱いですぐに寝てしまいますし、翌日起きるのが辛かったり会社に行くのが億劫になったりします。たくさん飲まなくても習慣的になると早く寝てしまい夜中に目が覚め、何もできなくてボーっとしてしまうことがあります。

お酒を控えることによって生活が規則正しくなり、使える時間が増えますので、寝るまでの数時間を確保でき料理や趣味、筋トレ、資格取得などの自己啓発に使うことができます。

お金が節約できて将来に投資する資金ができる

お酒を飲みに行くと居酒屋で少なくても2,000円~3,000円かかります。週に2回行くと月に約25,000円かかりますのでけっこうな負担になっています。

このお金を自己投資にまわせば色々なことが出来ると思います。資格をとったりスポーツジムに行ったり趣味をしたり貯金もできますね。

体調が良くなり前向きになれる

飲んだ翌日に頭がボーっとしたり気持ち悪かったりすることがよくあります。

アルコールは異物ですので体内に入ると肝臓に余計な負担がかかります。そして本来の他の解毒作用が疎かになり、身体に異変が起きてきて体調を崩しやすくなります。

また、それにより加齢も進みますので外見を気にしている方は要注意です。

お酒を自制することで、朝スッキリと目が覚め、エネルギッシュに行動でき、気分の良い一日を送ることが出来ます。

まとめ

以上お酒を自制することで得られるものを書きました。

すぐに自制できれば良いのですが、なかなかそうはいかないのも事実です。

でも、それで失うものを再確認することで、意識がまた自制するメリットに向くと思います。

これからも皆様が少しでも健康で、有意義な楽しい時間を過ごせることを願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました